本文へスキップ

技術をもって、社会に貢献する。

TEL. 0567-31-2585

【営業時間】8:15〜17:30

技術一覧TECHNOLOGY

技術

プレス金型の技術紹介

泰生工業の強みである【独自の技術】 です。




冷間鍛造
   「冷間鍛造順送プレス加工」

後方押出し成形

ヨーク
材料:SPCE-SD、t=2.0mm

順送内で一発で板を薄く延ばしています。
  「アジャスター」

材料:SPH440、t=4.3mm

ファインブランキングにとってかわる新工法です。

従来のFB工程であるくさびを使うことなく、
通常プレス加工にて高速加工を可能にしました。

加圧力 320 トンで成形できています。
   「冷間鍛造手送りプレス加工」

丸材冷間鍛造プレス加工

四角ナット(弊社商品、防護柵部品)
材料:SS41-D、φ=10.0mm

丸材のプレス加工により、コストダウンを達成しました。
   「冷間鍛造単発プレス加工」

ベアリングユニット部品(弊社商品、防護柵部品)
材料:SPHC-SD、t=6.0mm

本体とシャフト部の一体化に成功しました。

特殊材加工

   「ステンレスバネ鋼順送プレス加工」

防振クリップ(弊社商品、防護柵部品)
材料:SUS301、t=0.3mm
   「深絞り、角形逆絞りプレス加工」

順送プレス加工
順送雌ネジプレス加工水銀灯(5部品構成)
材料:SPHC、t=0.6mm

最大絞り寸法:□160mm×H140mm

雌ネジプレス加工(赤○部分)
   「順送雌ネジプレス成形」

アンカーボルト順送型にて、雌ネジプレス加工部品
   「バリ無し切断プレス加工」

簡易脚(弊社商品、防護柵部品)
材料:SPHC、t=6.0mm
 
 「極細スリットプレス加工」

ビューラー部品
材料:SP材、φ=2.6mm

t=2.0mm部に0.8mmのスリット

自動化



「金型の自動化」

マルチペーサー金型
シーケンサー制御により、無人プレス加工を行います。

通常のラインペーサーやトランスファの金型は、金型とローダー(送り装置)が別になっています。

マルチペーサー金型は、金型とローダーを一体化させる事により、金型の段取りとローダーの段取りを同時に行えます。 







通常4工程を金型工法で2工程に短縮し、
さらに無人化することでコストを大幅に減らしています。

 

 「プレス技術」

TS500プレス
荷重監視装置付きで、型の品質保証の1つである型のバランスをグラフで保証するという優れものです。


バナースペース



「電子カタログ」をご覧いただく場合には、
Adobe Flash Player(無料)が必要です。

Adobe Flash Playerをお持ちでない方は、
こちらからダウンロードしてください。
→Adobe Flash Player(無料)